2016年10月26日水曜日

「血圧のーと」のデータを引き継ぐには

機種変更などのとき、「血圧のーと」の血圧データを旧端末から新端末へ引き継ぐことができます。(android端末のみ)
手順としては

1.旧端末から血圧データのバックアップをエクスポートする
2.新端末にバックアップを保存し、データを復元する

となります。

詳しい手順は以下のそれぞれのページで説明します。
なお、「血圧のーと」は最新版へのアップデートが必要です。

データを引き継ぐには その1 旧端末での操作

データを引き継ぐには その2 新端末での操作

データ引き継ぎについてのよくあるご質問

データを引き継ぐには その1 旧端末での操作

機種変更などのとき、血圧のーとのデータを引き継ぐ方法についてご紹介します。

ここでは旧端末での操作について説明します。
今までお使いの端末から、血圧のーとのデータを取り出す作業です。

※「血圧のーと」は最新版へのアップデートが必要です。※

1.トップメニューから「設定」を選択します。




2.「データの送信」を選択します。




2.「バックアップ送信」を選択します。




3.アプリケーション選択画面になります。

ここではメールによるエクスポートをGメールの例で説明します。
Googleドライブアプリをご利用の場合の例は 6.Googleドライブ利用の場合 をご覧ください。


お好きなメールアプリを選択してください。(どのようなアプリが表示されるかは環境によって異なります)。

ここでは例としてGメールを選択します。
「1回のみ」をタップします。


4.「2018ketsuatsu.db」が添付された状態で新規メール作成画面になります。

(画面はGメールの例です)

ファイルが添付されていることを必ずご確認ください。

(アプリバージョン2.9より、バックアップファイルの名前が2018ketsuatsu.dbになりました。)

5.新端末で受信することのできるメールアドレスを入力し、送信してください。

以上で血圧のーとのバックアップデータを新端末にメールで送ることができました!


つづいて、データの引き継ぎ その2 新端末での操作

に移ります。



6.Googleドライブ利用の場合

(Googleドライブのご利用にはアプリのインストール、アカウントの取得が必要です)

アプリケーション選択画面で「ドライブ」を選択します。
「1回のみ」をタップします。


7.ドライブに保存します。

※ドキュメントのタイトルは変更しないでください!
☆アプリバージョン2.9以降…2018ketsuatsu.db
 それ以前…2016ketsuatsu.db
※保存先フォルダはお好きな場所で結構ですが、忘れないよう控えておいてください




以上で血圧のーとのバックアップデータをGoogleドライブに保存することができました!

つづいて、

データの引き継ぎ その2 新端末での操作

に移ります。






データを引き継ぐには その2 新端末での操作


機種変更などの際、「血圧のーと」のデータを引き継ぐ方法についてご紹介します。

ここでは新しい端末での操作について説明します。
旧端末から取り出した血圧のーとのデータを新しい端末に復元する作業です。

旧端末での操作がお済でない方は
データを引き継ぐには その1 旧端末での操作
を行ってください。


A)旧端末から送信したデータを新端末に保存する

ここでは、メールで送信したデータを新端末に保存する場合を、Gメールの例で説明します。
メールではなく、にGoogleドライブアプリをご利用された場合の例は B)Googleドライブの場合 をご覧ください。


1. 「データを引き継ぐには その1 旧端末での操作」で送信したメールを受信します。

 

2.メールに添付された「2018ketsuastu.db」ファイルを保存します。


(アプリバージョン2.9より前で作成したファイル名は「2016ketsuatsu.db」です。)





画像はGメールの例です。
下向き矢印をタップして保存します。
保存方法はメールアプリによって異なります。

3.メールアプリによっては保存される場所が表示される場合があります。その時は念のために保存された場所をメモなどで控えてください。

!!注意!!

メールアプリによっては名前をつけて(変えて)保存が可能な場合もありますが、ファイル名は 変更しないでください

次に C)「血圧のーと」での作業 に進んでください。

B)Googleドライブの場合

保存した場所(例ではマイドライブ)から、「2018ketsuatsu」を選択し、下向き矢印をタップして
ダウンロードしてください。
(アプリバージョン2.9より前に保存したファイルは「2016ketsuatsu.db」という名前です。)


(Googleドライブの画面は、環境によって異なる場合があります。)
ダウンロード先の場所が表示される場合はその場所をメモなどで控えてください。
  



C)「血圧のーと」での作業  

  「血圧のーと」は最新版をご用意ください。

1.トップメニューから「設定」をタップします。


2.「データのインポート」をタップします。

 3.「血圧データのインポート」を選択します。


 


4.ファイル選択画面が開きますので、A)メール または B)Googleドライブ でデータを保存した場所を選択します。


保存場所を特に指定していなかった場合は「download」フォルダを選択してください。




「2018ketsuatsu」ファイルを確認します。
(アプリバージョン2.9より前で保存されたファイルは2016ketsuatsuという名前です)





ファイルが見つからないときは※

●ファイルを保存したとき、保存場所が表示されませんでしたか?またはご自分で保存場所を指定しませんでしたか?その時はdownloadフォルダ直下にはありませんので、保存したフォルダを選択してください。

たとえばdownloadフォルダではなく、
「/private/docomo/mail/attached・・・」や
「/private/au/Email/MyFolder/・・・」など、機種によって様々な場所に保存されます。
(これはあくまで例です。ドコモだから、auだからとこの場所に保存されるわけではありません
メモした内容をよくご覧になって、順番にたどってください。

●どこに保存したか分からなくなってしまった…
ファイル管理アプリなどを使うと、ファイルを検索することができます。


5.「2018ketsuatsu」ファイルをタップします。

 ダイアログを確認し、「はい」を選択します。



以上でデータ移行が完了しました。

ご確認ください。

 お疲れ様でした!

 

※入力項目の引き継ぎについて※

●旧端末で脈拍、体重などの血圧以外の項目を選択されていた場合、データのインポートを行っても、その設定は自動では引き継がれません。

お手数ですが、トップメニューの「設定」→「入力項目の追加」から、あらためて入力項目を選択していただきますよう、お願いいたします。
なお、この手順はいつでも自由に行うことができます。
入力項目のチェックを外しても、その項目のデータが消えるわけではありませんので、必要に応じてご調整ください。

※アプリバージョンによるファイル名の違いについて※

●バックアップファイルは、アプリバージョン2.9より前では「2016ketsuatsu」、2.9以降では「2018ketsuatsu」という名前です。

アプリバージョン2.9以降では、どちらのバックアップファイルも読み込むことができますが、古いバージョンのアプリでは、「2016ketsuatsu」の古い形式のファイルしか読み込むことはできません。

(アプリのバージョンは「設定」→「本アプリについて」でご確認いただけます。

データ引き継ぎについてのよくあるご質問

Q. iPhoneへデータを移行できますか?

A.申し訳ございませんが、本アプリはandroid版のみです。

iPhoneには対応しておりませんのでご了承下さい。

Q.サポートページの画面と、端末の画面が違うのですが?

A.アプリが最新版でない可能性があります。アップデートをお願いいたします。

また、メールの送受信や、googleドライブの画面はお使いの端末によって様々です。

●●データ送信についてのよくあるご質問●●


Q.新端末で受信できるメールアドレスが未定です。

A.次のいずれかをご検討下さい。 

1.googleドライブなどのオンラインストレージに保存する。

2.パソコンなどのメールアドレスへ送信する。

3.yahooメールなどのフリーメールアドレスを取得し、送信する。

4.自分あてにメールを送り、取り外し可能なsdカードなどに添付ファイルを保存する。

Q.データファイルが送信されていませんでした。

A.何らかの原因でメール送信が失敗する場合もございます。機種変更の前に、データファイルが確かに送信されていることを必ずご確認ください。

Q.メールでバックアップアップファイルを送信しようとしたのですが、「添付ファイルが許可されませんでした」とメッセージが出て、ファイルを添付することができません。

A.お使いの端末、メールアプリの設定などによって、添付するファイルに制限がかかっている場合があります。(特にGmailは制限がきびしいようです)設定をご確認になるか、他のデータ送信手段をお試しください。
*Gmailアカウントをお持ちなら、そのアカウントでgoogleドライブがご利用できます。
*yahooメールなどのフリーメールアプリもご検討下さい。

Q.データ送信画面で、利用するアプリケーションを選択できません。必ず決まったアプリ(たとえばGmail)が立ち上がってしまいます。

 A.アプリケーションを選択するとき、「常時」「一回のみ」のどちらかを選択できますが、一度「常時」を選択してしまうと、次からは必ずそのアプリ(GmailでしたらGmail)が立ち上がり、選択画面は表示されません。

これを解除するには端末の設定を変更する必要があります。
1. お使いの端末のホーム画面から、「設定」を選択します。
2. 「アプリ」を選択します。端末内のアプリ一覧が表示されます。
3. 立ち上がってしまうアプリ (たとえばGmail)を選択します。
4. 「デフォルトでの起動」の「設定を消去」をタップします。

お使いの端末によって、「設定」画面の内容に違いがある場合があります。詳しくは取扱説明書などをご確認ください。
(どのアプリを使うかを決定する、また、それを解除する、というのはandroidの機能です。前述のようにお使いの端末やOSによって操作が異なりますので、詳しくは端末メーカー様や販売店様のサポートにお問い合わせくださいますようお願いいたします。その際は
「データ送信を行うにあたって、複数のアプリのうちどれを使うか選択画面が出て、○○というアプリを選んで【一回のみ】【常時】のうち、【常時】を選んだところ次回からアプリの選択画面が表示されなくなりました。○○というアプリがデータ送信の既定のアプリになってしまいましたが、その解除方法を教えてください」のようにお伝えいただけるとスムーズかと存じます。)

Q.データファイルを送信しようとしましたが、「ストレージへのアクセスが許可されていません。お使いの端末の設定から、血圧のーとがストレージにアクセスする許可を与えてください」と表示されます。

A.Android6.0より、アプリごとに権限の設定ができるようになりました。データの送信にあたっては、ファイルを作成するため、ストレージにアクセスできる必要があります。

以下の手順でストレージにアクセスできるように設定してください。
1.端末の「設定」画面から、「アプリ」をご選択ください。
2.インストールされているアプリの一覧が表示されますので、「血圧のーと」をご選択ください。
3.アプリ情報の中に「権限」あるいは「許可」という項目がありますので、ご選択ください。
4.「ストレージ」をタップすることで、ストレージアクセス許可の「有効/無効」を切り替えることができますので、「有効」(濃い色)にしてください。

お使いの端末によって、「設定」画面の内容に違いがある場合があります。詳しくは取扱説明書などをご確認ください。

●●インポートについてのよくあるご質問●●


Q.受信したはずのデータがどこにあるか分かりません。

A.メールは受信しただけではファイルは保存されません。かならず添付ファイルを保存してください。

添付ファイルの保存先はお使いの端末によって異なりますので、 取扱説明書などをご確認ください。また、ファイルマネージャー系のアプリをご使用になりますと、ファイル名から検索することができます。


Q.データを端末に確かに保存したのですが、「..」とのみ表示されて何も選択できません。

A.Android6.0より、アプリごとに権限の設定ができるようになったので、血圧のーとがストレージにアクセスできないと、ファイル一覧表示ができずにこのような表示となります。

以下の手順でストレージにアクセスできるように設定してください。
1.端末の「設定」画面から、「アプリ」をご選択ください。
2.インストールされているアプリの一覧が表示されますので、「血圧のーと」をご選択ください。
3.アプリ情報の中に「権限」あるいは「許可」という項目がありますので、ご選択ください。
4.「ストレージ」をタップすることで、ストレージアクセス許可の「有効/無効」を切り替えることができますので、「有効」(濃い色)にしてください。

お使いの端末によって、「設定」画面の内容に違いがある場合があります。詳しくは取扱説明書などをご確認ください。


Q.データをインポートしようとしましたが、「*****は血圧のーとのデータファイルではありません」と表示されます。

A.ファイルを保存するとき、名前を変更して保存されませんでしたか。名前を変更すると血圧のーとのデータファイルとして認識されません。

または、CSVファイルをインポートしようとしていないでしょうか。インポートできるのは、バックアップファイルのみです。ご了承ください。

もしくは、アプリのバージョンとバックアップファイルのバージョンがあっていない場合があります。
バックアップファイルは、アプリバージョン2.9からは「2018ketsuatsu」、それより前では「2016ketsuatsu」という名前で作成されます。
アプリバージョン2.9以降では、どちらのバックアップファイルも読み込むことができますが、2.9より前の古いバージョンのアプリでは、「2016ketsuatsu」の古いバックアップファイルしか読み込むことができません。
アプリのバージョンは「設定」→「本アプリについて」からご確認いただけますので、最新版のアプリでない場合はアップデートの上ご利用ください。

●●インポート後のよくあるご質問●●


Q.データはインポートできたようですが、旧端末で入力していた脈拍や体重など、血圧以外の項目が表示されません。

A.申し訳ございませんが、入力項目の設定は、新しい端末に引き継がれません。脈拍や体重などの入力項目を追加で選択されていた場合、その設定を新しい端末でもやり直す必要があります。

トップメニューの「設定」→「入力項目の追加」から、もう一度お好みの項目をご選択ください。お手数ですがよろしくお願いいたします。
設定のタイミングは、いつでも(インポートを行う前でも後でも)大丈夫です。
インポートした後、脈拍や体重が表示されなくとも、入力項目の選択をやり直していただければ、再び表示されますのでご安心ください。


Q.旧端末でできていた、入力時の自動ジャンプなどができなくなりました。

A.申し訳ございませんが、各種機能の設定は、新しい端末に引き継がれません。入力らくらく設定をされていた場合、お手数でもその設定を新しい端末でもやり直す必要があります。

月別グラフの数値表示や、グラフの色などの設定につきましても同様です。